蜂退治のポイントは「蜂の巣」をいち早く見つけること

危険な状態を回避できる蜂退治の全て

早急に対処するなら蜂の巣から把握する

安全にかつ確実に蜂退治をするためには、蜂の巣の性質について知ることが大切です。なぜなら、蜂の巣は種類によって特徴が異なるため、それぞれに合った方法が必要なのです。こちらでは、特にアシナガバチ駆除における正しい知識を紹介していきます。

アシナガバチ駆除に必要な巣の知識

アシナガバチの巣はどのような特徴がありますか?
アシナガバチの巣は白色や灰色、わずかに茶色がかったものがほとんどです。巣の穴がよく見える状態であり、穴の形は六角形をしています。初期の蜂の巣は4~5cm程度の大きさです。アシナガバチの活動は初夏から秋にかけてですが、その時期には15cm以上に膨れ上がることもあります。また、巣の成分は主に植物の茎や木の枝、杭などの繊維質で、それにアシナガバチの唾液を混ぜて作られていきます。比較的軽量で壊れにくいのが特徴です。家の軒下やベランダ、木の枝など比較的開放されたところに巣を作り、退治も比較的容易です。
蜂の巣を見つけたらどのように対処したらいいですか?
特にアシナガバチの場合は、庭の害虫を食べてくれる益虫でもあるため、生活に支障がないような位置にある巣はそのまま放置してもいいでしょう。アシナガバチの巣の寿命はおよそ1年前後といわれ、長期間にわたって巣の中に蜂が居つくことはあまりありません。駆除をする時は、まだ巣が小さく女王蜂が1匹のみで活動している状態であれば、殺虫剤を噴霧すれば可能です。ただし、蜂の数が増えて巣も大きくなった状態になると、自分で対処するのは危険です。ですので、蜂駆除業者に依頼して退治してもらうようにしましょう。
子供がアシナガバチに刺されないようにするには、どうすれば安全ですか?
子供がアシナガバチに刺されないようにする方法のひとつは、黒色の服を着させないことです。蜂は黒いものに向かって攻撃をする習性があるため危険なのです。同じ理由で、黒髪を狙う危険性があるため、外に出る時は帽子をかぶらせるようにしましょう。アシナガバチはこちらから攻撃をしなければ刺すことはありませんが、不用意に巣に近づくのも危険です。そのため、アシナガバチが飛んでいる時は、声を上げずにそっと離れるようにしましょう。子供と同伴して外に出る場合、同伴者は香水など匂いのきついものをつけるのは避けてください。

TOPボタン
蜂対策のポイント|安全を脅かすアシナガバチ【早急な蜂退治はプロのサービスがおすすめ】